賽王戦について バナー

JBLについて バナー

JBL SHOPバナー

第十回シモキタ名人戦にバックギャモン世界選手権に2回優勝した二人が登場
2021年10月16日

バックギャモン世界選手権(モンテカルロ)にて2回の優勝を飾る日本人、望月正行と矢澤亜希子がシモキタ名人戦に登場、指導対局を実施します。
バックギャモンは3億人の愛好者がいると言われるボードゲームですが、日本人の活躍がめざましく、今年度は当財団の代表理事を務める望月正行プロが世界選手権で優勝しました。

■シモキタ名人戦について
十回目を数える変わりゆく街下北沢駅前に、将棋をはじめ、囲碁、バックギャモン、連珠、麻雀の名人が集まり、将棋、囲碁のシモキタ名人戦や各競技の指導対局、体験、エキシビジョンを行う。トークライブも毎年盛況で、本年も多くのゲストが出演。
https://shimokitazawa-east.com/archives/7559

■望月正行プロについて
1979年生まれ。バックギャモンのプロプレーヤー 世界中のプレーヤーの投票によって決定されるGiants of Backgammonで2009年に1位に選ばれ、現在も1位を保持する世界的プレーヤー。コンピューター解析によるランキング(BMAB)でも、世界ランキング1位。プロのプレーヤーとしての活動、国内外でのレクチャー講演の他に、バックギャモンブック」を刊行(景山充人、桑門昌太郎との共著)するなど日本におけるバックギャモンの普及活動、大会の運営などにも尽力2021年3月に日本バックギャモン協会が一般財団法人化され、代表理事に就任。

■矢澤亜希子プロについて
1980年生まれ。プロバックギャモンプレイヤー。国内タイトル戦優勝、海外大会でも活躍していた。2012年子宮体がんがわかり、手術、化学療法などの治療を受ける。2014年第39回世界選手権(モンテカルロ)で日本人女性として初めての優勝。2014-15年Giants of Backgammon(バックギャモンで最も権威あるランキング)世界ランキング3位。2018年第43回世界選手権(モンテカルロ)で2度目の優勝を果たす。日本国内でも盤聖など多数タイトル獲得。世界中の大会で活躍するとともに、バックギャモンの普及活動に尽力。またがんサポートの社会貢献活動も行っている。新聞、テレビ等メディア出演多数。

第27期 王位戦 2021 概要
2021年10月15日

大変お待たせいたしました。今年の王位戦の詳細をお知らせします。オンラインでの開催です。

●日時:10月29日(金)~31日(日)

●対戦場所:Backgammon Galaxy (https://backgammongalaxy.com/)

●集合(チャット・連絡)場所:Discord(https://discord.gg/a3dA32JWzm)

●クラス:チャンピオンシップ(1クラスのみ)

●方式:
4回に渡る予選(各回先着32人限定)を実施。予選優勝者の4名が3日目の決勝トーナメントへ。
敗退者は3日目のラストチャンスに参加可能(無料)。
予選は4回とも参加することが可能(予選で優勝したら、それ以降の予選には参加不可。申し込み済みの予選参加費は返金します)
各予選の敗退者は5pのレーティング戦に参加できる(29,30日のみ)。
Backgammon Galaxyのクロック設定はNormal。

●ポイント数:
予選は11p、準決勝は15p、決勝戦は17pマッチ。
ラストチャンスは5pマッチ

●スケジュール:
29日(金) 19:00 予選1
       20:00 レーティング例会開始

30日(土) 11:00 予選2
      19:00 予選3
    20:00 レーティング例会開始

31日(日) 10:00 予選4
      17:00 準決勝
      18:00 ラストチャンス開始
      19:00~20:00 夕食休憩
      20:00 決勝開始
      22:00 表彰式

●参加資格:
正会員資格を持つ会員の方
(創設会員、賛助会員、正会員、U25会員、U15会員、家族会員)
新規入会は→https://backgammon.or.jp/?page_id=47938

-Discordでアカウントを作成し、JBSサーバーにログインする必要があります。
https://discord.gg/a3dA32JWzm

-Backgammon Galaxyでアカウントを作成する必要があります。
https://backgammongalaxy.com/


●参加費:
一般 5000円(予選1回につき)
プラチナ、サファイア、ダイアモンド会員 無料
招待選手(現タイトルホルダーとBMABのグランドマスター) 2000円(予選1回につき

申し込み締め切り・参加費送金は予選開始の1時間前まで

●賞品:
優勝:表彰状、メタリックキューブ(好きな文字を刻印できる)、11月新発売予定のMボード
準優勝:表彰状、オレンジワイン2本セット、
ベスト4:表彰状、オレンジワイン1本
ラストチャンス優勝:表彰状・オレンジワイン1本

他、スポンサーからの賞品提供予定

●申し込み方法
下記のフォーマットに入力して下さい。10/15(金)1:00~受付開始

〇予選1 10/29(金)19:00
https://tourney.backgammon.or.jp/entry/kc7ELQ

〇予選2 10/30(土)11:00
https://tourney.backgammon.or.jp/entry/0V1df3

〇予選3 10/30(土)19:00
https://tourney.backgammon.or.jp/entry/q2fVeW

〇予選4 10/31(日)10:00
https://tourney.backgammon.or.jp/entry/DnOCG1

●参加費送金方法 
上記のフォーマットで申し込み後、24時間以内に下記のいずれかで参加費を送金してください。期限を過ぎる場合は、zigi3350@yahoo.co.jpまでメールでお知らせください。
・Pay Pay 
・LINE Pay
・みずほ銀行
*振り込み手数料は送金者負担でお願いいたします。
*会員の皆様には、10/14に送ったメールに、ID・口座番号などをお知らせしています。

●キャンセル
ご都合が悪くなった場合、対戦開始の24時間前までにお知らせ下さい。
参加費は返金いたします。
(Pay Pay、LINE Payでの返金に手数料はかかりませんが、
銀行口座へ返金する場合、振込手数料を差し引いた額を返金いたします)
それを過ぎての連絡、または連絡なく対戦に現れなかった場合、返金は致しかねます。
また今後の大会への参加をお断りする場合がありますので、ご注意下さい。

*今大会の事前サテライトは開催しません。
*中級・初級の皆様も正会員であれば参加可能です。

王位戦実行委員長 来住野 香子
 
問い合わせ
support@backgammon.or.jp

9/18(土) 埼玉例会[活動報告]
2021年10月12日

9/18(土)は台風の影響で不安定な空模様。
緊急事態宣言は月末まで延長。
開催時刻と場所の突然の変更。
重なるドタバタの中、香港亭に集まったのは8人。

ブリッツ予選2枠とリーグ戦、そしてタイトルマッチが行われました。

タイトルマッチは深澤タマオーに滝沢さんが挑戦しました。深澤タマオーの勝利で2回目の防衛です。
次のタマオー挑戦者はまだ決まっていません。
因みに、来住野さんが挑戦権を行使される日は来るのでしょうか。
(4年前に挑戦権を獲得していますが、剥奪・無効の予定は有りません。)

ブリッツの1枠は髙橋さんが取りました。
もう1枠は持ち越しです。

ラウンドロビンの上位は
1位 西村 7-4 +13
2位 深澤 4-1 +5
3位 滝沢 2-2 +3
4位 髙橋 4-3 +2

今月の景品は埼玉県150周年記念商品。
一万円札の顔になる渋沢栄一氏が埼玉県出身で、関連包装のお菓子がいっぱい売り出されていました。
賞味期限のとっくに切れた見本品まで買って来てしまったのでした。

香港亭は緊急事態宣言の延長後、ランチタイムのみの営業で14時半に閉店です。
そんな中、13時から17時まで場所を貸して頂き有難いです。
途中で業者さんが来たりして、言伝されたりしました。

毎度の通知になりますが、10/16(土)は18時から会議室を予約してあります。
しかし今後も急な変更の可能性は秘めています。
変更があれば、JBSのカレンダーや埼玉例会のHPに必ず告知させて頂きますので、直前の確認を宜しくお願いします。

埼玉例会公式HPはこちら

撮影 : 高橋
文責 : 乙部(朱)
編集 : 小澤

訃報:すぎやまこういち氏
2021年10月8日

新聞等の報道によりますと、作曲家のすぎやまこういち氏が9月30日、敗血症性ショックのためお亡くなりになりました。

すぎやま氏は日本バックギャモン協会の名誉会長としてバックギャモンの普及に努めていらっしゃいました。1977年の日本選手権者であり、ディスクシステムのゲーム、「バックギャモン」の音楽も担当しております。長年のご功労に感謝申し上げます。心よりご冥福をお祈りいたします。

日本バックギャモン協会 代表理事 望月正行

会員規約制定と会費ペイの導入について
2021年10月7日

会員規約制定と会費ペイの導入について 2021年3月に日本バックギャモン協会は任意団体から一般財団法人となり、会員規約に関して理事会にて検討を重ねてまいりました。この度、理事会で承認された会員規約を2021年10月より適用いたします。

会員規約は こちら からご確認ください。


●目次
1.会費の徴収方法と更新期限の変更について
2.会費種別の新設について
3.レーティング戦について

1.会費の徴収方法と更新期限の変更について
【更新月を変更します】
これまで入会月を更新月としていましたが、財団の決算月に合わせ、すべての会員の更新月を1月とすることにいたします。

【会費ペイというシステムを導入します】
会費ペイは、「メタップスペイメント社」の提供するシステムで、クレジットカードまたは銀行口座を登録して会費を引き落としさせていただくシステムです。
9月上旬より皆様にメールが届きますので、クレジットカードまたは銀行口座をご登録頂ければ幸いです。
(2021/10/01追記)
info@kaihipay.jpからのメールを受信できるよう、受信許可リストなどに設定を加えてください。

【今後の会員更新について】
10月更新の方は、9月26日に年内12月末までの月割りの会費(正会員の場合:2,250円)が請求され、12月26日に来年度分(21年1月1日~12月31日、正会員の場合:9,000円)が請求されます。11月以降の更新の方もクレジットカードまたは口座のご登録を頂ければ、更新前月26日にご請求いたします。
(2021/10/01追記)
昨年2020年のキャンペーンを申し込まれた方に関しては次回の請求が今から約2年後となります。

ご請求の20日ほど前にご請求金額をメールいたしますので、ご確認ください。 来年度以降は12月9日までにご連絡を頂かなかった場合は、自動的に翌年の会員が更新されて引き落としされますので、ご承知ください。

【入会金が新設されます】
入会金を新設します。ただし、新規入会の方については会員数500人に達するまで無料キャンペーンを実施します。 ただし、再入会の場合には入会金を頂きます。
更新月までにクレジットカード・口座のご登録がないなど、新規入会になってしまい、再入会には入会金が発生しますのでご注意ください。 ただし、初回に限り期限までにご登録が間に合わなかった場合も、更新月に遡っての更新を可能とします。 ※創設会員の方は会費ペイによる更新の対象ではございません。

2.会員種別の新設
【会員種別が変わります】 
創設会員:80,000円~1,280,000円(5年~生涯) 
正会員:9,000円/年
家族会員:3,000円/年
U25会員:3,000円/年
U15会員:1,500円/年
準会員:3,000円/年

【家族会員の制度が変わります】
2022年1月よりご家族も家族会員としての入会が必要となります。(年会費3,000円)
正会員の方に合わせてご請求させていただきますので、現在家族会員の方には、継続するかどうかについてのお問い合わせをするメールを送付しますので、ご返信ください。ご返信がなかった場合は、家族会員は一旦退会扱いとします。
(2021/10/07追記)
家族会員を申込み中の親会員の方へ、10月より家族会員は無料の会員から有料の会員へと変更されました。家族会員を会員として継続される方は別途お申込みが必要となります。お申込みがない場合は今年12月末で退会とさせていただきます。

【学生会員に代わりU15会員、U25会員を新設します】
これまでの学生会員は更新時にU15会員またはU25会員に引き継がれます。正会員で更新時に25歳未満の方も対象です。
クレジットカードや口座の登録ができない方は、ご家族が正会員の場合は同時に引き落としさせていただきます。単独でご入会されている場合は、現金でのお支払いかお振込みでのお手続きとさせていただきます。

【準会員を新設します】
これまでの会員は正会員となり、準会員というものが新設されます。(年会費3,000円) 会員の特典が限られており、オンラインの会報とルールブックの贈呈のみとなります。

3.レーティング戦について
【レーティング戦は基本的に正会員のみの提供となります】
レーティング戦は非会員はできなくなります。
正会員(家族会員、U15会員、U25会員を含む)はこれまでと同様のシステムですが、非会員とのレーティング戦は記録されません。(レーティングとなりません)
準会員は、レーティング戦は記録されますが、参照や公開ができません。
なお準会員から正会員になったときは、準会員のときに計算されたレーティングからスタートしますが、正会員になった以降の試合しか参照できません。
今後会員でも相手が非会員の場合はレーティング戦ができなくなりますので、ご注意ください。
(2021/10/03追記)
会費ペイの支払い登録をされないまま会員期間が過ぎてしまうと非会員の状態となり、レーティング戦が記録できなくなります。

4.質問を受け付けます
会員制度を財団化によって変更いたしました。
特に、若手の育成のため、会費を大きく下げました。
一方で、レーティング戦などの管理を会員限定とし、家族会員からも会費を頂戴することといたしました。
今後、少しずつ変更点がでてくると思いますが、日本のバックギャモンの発展に寄与できるように財団として様々な施策を進めていきます。
皆様もぜひ会員になっていただき、バックギャモンの普及に協力頂ければ幸いです。

ご不明な点などございましたら下記よりお問い合わせください。support@backgammon.or.jp

JBSニュース 2021年10月号の訂正
2021年10月6日

JBSニュース 2021年10月号の寺尾俊治氏の記事(Backgammonの実力と運の割合は、実力1:運3.6)に誤りがあったため、訂正してお詫び申し上げます。読者の皆様と寺尾氏にはご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。

本記事には3点の画像が添付されておりましたが、編集の段階で間違えて消えてしまい、画像がないままの記事が配信されてしまいました。以下に当該画像を掲載いたします。

(画像1)

画像1は以下の文章の直下に配置されるべき画像です。”池谷さんがWBIFからデータの貸し出しを受けた際、WBIFへの謝辞とWBIFのロゴを掲示することが条件となっていますので、下記の通り掲示します。WBIFさん、池谷さん、ありがとうございます。”

(画像2)

画像2は以下の文章のそばに配置されるべき画像です。”さて、WBIFのマッチデータは2万件弱、1ポイントマッチから25ポイントマッチまでありますが、その90%が13ポイントマッチです。”

(画像3)

画像3は以下の文章のそばに配置されるべき画像です。”また、池谷さんによればWBIFの対戦者はトッププレイヤーから、ギャモンをカジュアルに楽しんでおられる方まで含んでいるようです。提供されたマッチデータには、各マッチごとに各プレイヤーのXGによるP.R.とL.R.が記録されています。マッチデータのプレイヤー2者間のP.R.の差は-94~40、LR.の差は-12~14に分布しています。”

以上画像3点を掲示し、該当記事の訂正とさせていただきます。

日本バックギャモン協会 JBSニュース編集長 日野雄之

9/18(土)埼玉例会 変更のお知らせ
2021年9月13日

いつも急な変更になり申し訳無いのですが、緊急事態宣言の延長により予定していた時間に会議室が使え無くなりました。
会議室の変更もでき無かったので、開催時間と場所を変更します。

9/18(土) 13時~17時
香港亭 南越谷店

毎度、急なことに快く受けて頂いている香港亭さんに感謝です。

埼玉例会公式HPはこちら

文責 : 乙部(朱)
編集 : 小澤

8/14(土) 埼玉例会[活動報告]
2021年9月13日

埼玉県も緊急事態措置に変更になり、8/14(土)の埼玉例会は13時から始まりました。
お盆の時期と言うのに肌寒い雨が降ったり止んだり、真夏とは思えない涼しさの中で行われました。

ブリッツの予選は先月からの持ち越しを含めて3枠が終了して、滝沢さん・板持さん・西村さんがそれぞれ決勝トーナメント出場券を獲得しました。
既に持ち越しの決勝トーナメント戦が有りますが、次回新しく決勝トーナメントを始めても良いです。

今回も年長さんが参加してくれて、埼玉例会参加者の最年少記録を更新しました。

ラウンドロビンは初参加2名を含め、久しぶりの参加者もいて、14名で行われました。
1位 滝沢 6-2 +14
2位 西川 6-4 +7
3位 房松 3-0 +4
4位 乙部(祥) 5-2 +3
5位 乙部(彩) 4-3 +3
6位 川上 3-3 +1
7位 流石 2-2 +1
8位 髙橋 4-3 ±0

景品の主たるテーマは暑い夏の冷たい麺類のおつゆ。
寒い例会当日でしたが、残暑はまだ続くと思われます。

次回、9/18(土)は新型の変位ウィルスの影響でどのようになるか直前にならないと決定できないと思われます。
JBSのカレンダーにも注目していて下さい。

今更ですが、手洗いうがいをお忘れなく。

埼玉例会公式HPはこちら

撮影 : 岡谷、高橋
文責 : 乙部(朱)
編集 : 小澤

日英ウィメンズチームマッチが始まります!
2021年9月9日

日英対抗ウィメンズチームマッチがいよいよ近づいてまいりました。試合の概要と両国のチームメンバーの紹介をいたします。試合は池谷直紀氏によるYoutube配信が行われます。

日付:9/11(土)21:00 ~(日本時間)7p マッチ x 3 試合
   9/12(日)21:00 ~(日本時間)7p マッチ x 3 試合
配信URL:https://www.youtube.com/channel/UCXedTaYeB1EPhABg30LlmlQ

方式:合計6 試合の総当たり戦、総勝ち数の多い国の勝ち

スコアボード:https://ukbgf.com/uk-v-japan-womens-match/

対戦場所:Backgammon Galaxy

日本代表紹介 ( )内はBackgammon Galaxyでのニックネーム、順不同

・中村泉美(Wakanaka)メンバー最年少。若手のホープ
・中村順子(Leotarou)
大阪からの参戦。2006 年と2007 年の日本選手権を連覇、強豪中村家のゴッドマザー
・来住野香子(kisuno)
日本バックギャモン協会 最弱の理事。メンバーでは一番レートが低いので足かせにならぬようベストを尽くしたい
・日野けいけん(KEIKEN)
将棋出身のバックギャモンプレイヤー、ダイモン・ダブダブのデザイナーで
もある。
・高橋和(bgyamato) 
女流棋士、吉祥寺「将棋の森」主宰。女性やこどもたちの為の将棋教室や、バックギャモン教室も開催。
・藤田麻衣子(pie_co)
将棋講師、デザイナー(「どうぶつしょうぎ」デザイン)、2020 年連珠で名
人戦A 級リーグ入り

英国代表紹介 ( )内はBackgammon Galaxyでのニックネーム、順不同

Cecilia Sparke (Sparkie)
Anna Clarke (fatgammon)
Anna Price (Anna Price)
Julia Hayward (JuliaH)
Rachel Rhodes (agnes)
CJ Uttley (CougarCJ)
(sub: Rebecca Bell)

以上6 名 vs 6名の総当たり対抗戦になります。週末の21:00、皆さんの応援が力になります。どうぞYoutubeの配信にいらしてください。

望月正行プロが 2 回目の世界王者に輝く快挙達成!
2021年8月2日

第 45 回バックギャモン世界選手権(モンテカルロ、フェアモントホテル、2021年 7月24日 ~ 8月1日)にて、望月正行プロが 優勝し、2009 年に日本人として初優勝して以来 2 度目の栄冠に輝きました。
バックギャモンは3億人の愛好者がいると言われるボードゲームですが、2 度目の世界選手 権優勝で名実ともにその頂点に輝く存在となりました。

望月プロは メイントーナメントを7 連勝し、敗者復活戦から勝ち上がってきた Carlos Estenssoro 選手(スイス)を決勝で下し、優勝。同試合はインターネット配信され、世界中で観戦されました。日本でも深夜にもかかわらず熱戦の最後まで、多くの視聴者が声援を送りました。


©滝沢望

■望月正行プロのコメント
今回、コロナ禍でありながらも世界中のプレーヤーが集まり、世界選手権を開催できたことはポストコロナに向けた大きな勝利だと思います。個人的にもライバルであり、友人でもあるプレーヤーたちと集えたことは本当にうれしく思いました。ステイホームする時間が長かったので、勉強する時間をいつもより多く取れましたが、それ以上に他のプレーヤーも勉強してレベルアップしているので、全体のレベルはこの2年で大きく上がったと思います。優勝という結果に満足しています。

■望月正行プロについて
1979 年生まれ。バックギャモンのプロプレーヤー 世界中のプレーヤーの投票によって決 定される Giants of Backgammon で 2009 年に 1 位に選ばれ、現在も 1 位を保持する世界的 プレーヤー。コンピューター解析によるランキング(BMAB)でも、世界ランキング 1 位。 プロのプレーヤーとしての活動、国内外でのレクチャー講演の他に、バックギャモンブック」 を刊行(景山充人、桑門昌太郎との共著)するなど日本におけるバックギャモンの普及活動、 大会の運営などにも尽力 2021 年 3 月に日本バックギャモン協会が一般財団法人化され、代 表理事に就任。

■バックギャモン世界選手権について
バックギャモンは世界中で遊ばれ、世界各地で大会が開催されています。数ある大会の中で、 モンテカルロ 世界選手権は、最も権威が認められている伝統ある大会です。毎年夏、モナ コ公国モンテカルロ市 で開催されています。F1コースでローズヘアピンとして有名なフ ェアモントホテルが開催会場です。 日本人の優勝は望月正行(2009, 2021)、鈴木琢光(2011)、矢澤亜希子(2014, 2018)。この 12 年で 5 回が日本選手の優勝となっています。コロナにより 2020 年は開催が中止されました が、2 年ぶりの世界選手権に世界各地から待ちわびたプレーヤーが集結しました。

■望月さんの優勝後の一問一答は次の通り。
―2度目の優勝を手にした。
結果的に優勝できたことには大変満足している。子供が3人いるので、海外トーナメントに一人で出場するときは妻に大きな負担をかけていて、それに少しでも報いることができたなと。
内容的にはよくない部分も多々あり、反省してまた精進したい。

―今回、一番苦しかった場面は。
決勝戦の2試合目、リードしている状況から少しずつ追いつかれてきた時が一番焦った。落ち着いて対処すればよかったが、やはり決勝戦という状況で冷静ではなかったのかもしれない。

―コロナ禍で2年ぶりの開催となった。今回、参加できなかった日本勢もいた。
正直、大会が開かれるかどうかもわからない中だったので、普段より少ない人数とはいえ開催されてほっとしている。ワクチンを早めに打てたので、参加することができて幸運だった。
コロナ禍はステイホームする時間が多かったため、勉強する時間はいつもより取れた。ただ、それ以上に他のプレーヤーも勉強してレベルアップし、全体のレベルはこの2年で大きく上がったと思う。

―いま、東京五輪の様々な競技が注目を浴びている。スポーツの分野ではないが、バックギャモンも、鈴木琢光さん、矢澤亜希子さん、望月さんを含め、この12年で5回も日本選手が優勝した。にもかかわらず国内では認知度向上が大きな課題とされる。
バックギャモンの最大の魅力は、世界各国のプレーヤーと年齢、性別の区別なく競い合えること。今の時代はAIとインターネットがあるので、強くなるのに環境も選ばない。今回、コロナ禍でありながら、世界のプレーヤーが集まり、世界選手権を開催できたこと自体が大きな『勝利』。個人的にも、ライバルであり、友人でもあるプレーヤーたちと再び集えたことが本当にうれしい。