賽王戦について バナー

JBLについて バナー

JBL SHOPバナー

【会費ペイ】支払い登録に関して
2022年1月27日

会費ペイより連絡があり下記の期間中、一部カード決済機能が停止されます。
2022年1月5日12時~1月下旬予定

こちらの影響により新規で会員登録される方はコンビニ払いにてお願いいたします。
また新たに支払い登録をされる方は口座振替をご登録いただくか、上記のカード決済機能が再開されるまでお待ちください。

既にクレジットカード決済のご登録をされている方に関しては影響はございません。

ご不明な点がございましたら下記よりお問い合わせください。
https://backgammon.or.jp/?page_id=90

(2022年1月27日追記)
株式会社メタップスペイメントからの情報
不正アクセスに関するご報告とお詫び
https://www.metaps-payment.com/company/20220125.html
関連ニュース
クレカ決済システムに不正アクセス受けサービス停止 メタップス「原因や流出内容は調査中」
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2201/25/news129.html

1/15(土) 埼玉例会[活動報告]
2022年1月17日

新型コロナウィルスに翻弄された令和3年が明けて少し感染状況が落ち着いてきたと思ったら変異株が流行の兆し。
大学を受験する若者が朝から共通一次試験(何度か名前が変わっているけど昔はこう言われた)の初日を受けた1月15日(昔は成人の日だった)の夕方から初振りに集まったのは12人。

鷹觜タマオーに板持さんが挑戦したタイトルマッチは挑戦者の板持さんが勝って新タマオーの誕生です。
次回は髙橋さんがタマオーに挑戦します。

ブリッツは2枠で、滝沢さんが決勝トーナメント出場券を1枚ゲットしました。

埼玉リーグも新しくエントリーされ令和4年が始まりました。
レーティング戦なので今年の埼玉リーグからJBS会員限定になります。

ラウンドロビン上位の結果は
1位 滝沢 5-2 +7
2位 川上 5-2 +4
3位 岡谷 3-2 +4
4位 髙橋 3-1 +4
5位 川合 1-2 +4
6位 乙部 1-1 +2
7位 板持 5-3 ±0
8位 西村 2-5 ±0

参加者からのお土産の景品と、1週間前に積もる程雪が降ってから寒さが厳しくなってきたので温まって元気になって頂こうと景品は入浴剤。
集計したラウンドロビンの結果の分析は房松さんがまとめて下さっています。
1月の埼玉例会では前年のラウンドロビンの成績各賞が発表され表彰されます。
昨年は1月に開催されなかったので11ヶ月分で規定ゲーム数(開催月×3ゲーム)に達したのは11人。
各賞は

勝率
1位 西村 62.82%
2位 房松 58.18%
3位 髙橋 56.94%

勝ち点
1位 西村 76点
2位 髙橋 37点
3位 房松 25点

勝ち数
1位 西村 川上 49ゲーム
2位 滝沢 44ゲーム
3位 髙橋 41ゲーム

対戦数
1位 川上 98ゲーム
2位 吉川 89ゲーム
3位 滝沢 84ゲーム

元気に参加した皆勤賞は5人でした。
久しぶりに西村さんの3冠です。

打ち上げは餃子酒家香港亭。
貸し切り状態でした。
流石に寒さに負けてソフトクリームは誰も食べませんでした。

次回は2/19(土)18時から第1会議室です。
今年は12回開催されると良いな。

埼玉例会公式HPはこちら

撮影 : 深澤
文責 : 乙部(朱)
編集 : 小澤

12/25(土) 埼玉例会[活動報告]
2022年1月17日

12/25(土)の越谷サンシティは大ホールでしまじろうの舞台が開催されて、物凄い数の小さなサンタクロースと写真撮影に忙しい保護者で昼から大混雑。

埼玉例会の12月は毎年長丁場。
13時から開始です。

2月から先月迄の10ヶ月の間行われた5ポイントマッチの埼玉リーグ。
今月のメインは上位4名による決勝トーナメントですが、先月迄に決まったのは上位3名。
先ずは4位の座をかけて川上さんと鷹觜さんにより5ポイントマッチのプレイオフです。
その結果
1位 滝沢
2位 髙橋
3位 岡谷
4位 鷹觜
の4名によるトーナメントです。
優勝は滝沢さん、準優勝は髙橋さん。
10ヶ月の獲得点数と同じになったのは久しぶりでした。

その間に滞っていた各種ブリッツトーナメントが消化され、決勝トーナメントは板持さんと髙橋さんが優勝。
来年1月は鷹觜タマオーに板持さんが挑戦します。

予選トーナメントは岡谷さんと髙橋さんが2枠川上さんが1枠獲得しました。
それでも、年をまたぐトーナメントがまだあります。

2年ぶりにリアルにサイコロを振りに遠路宇都宮からの初参加も有り、疲れが見えてきた13名参加での約4時間のラウンドロビン、最多は14ゲーム。
上位は
1位 房松 8-5 +14
2位 西村 9-4 +13
3位 髙橋 3-2 +7
4位 乙部 5-2 +5
5位 岡谷 2-1 +4
6位 鷹ハシ 4-4 +2
7位 矢野 2-2 +1

一旦、表彰式をして5時半過ぎから、12名で持ちよったクリスマスプレゼント争奪1ポイントトーナメント。
私の頭脳では不可能なので、毎年千葉の知恵をお借りしています。
優勝は鷹觜タマオーでした。

打ち上げは5人。先月と同じ、餃子酒屋香港亭です。

今年もコロナ対策にご協力頂き11回の例会を開催できました。有難うございました。
来年は1/15(土)18時からです。
埼玉リーグも新しくなります。
宜しくお願いします。

皆様、良いお年をお迎え下さいませ。

埼玉例会公式HPはこちら

撮影 : 高橋
文責 : 乙部(朱)
編集 : 小澤

レーティング計算の不具合
2021年12月18日

会員のみなさま

現在、レーティングの計算結果に誤りがあり、原因の調査と対応を実施しております。(2021年12月17日)

ご不便ご心配をおかけします。
状況を確認し進展などありましたら、こちらに追記いたします。

(2021年12月18日追記)
レーティングの計算結果の誤りを解消し、正確に値が表示されるように改修いたしました。
原因としてはサーバーシステム増強によるプログラムのバージョンアップに対応できておりませんでした。

==
一般財団法人 日本バックギャモン協会 事務局
川口 博文

11/13(土) 埼玉例会[活動報告]
2021年12月7日

越谷サンシティはクリスマス♪
ライトアップされて年末が近付いています。
とはいえ、まだ11月中旬、気温は暖か。
会議室の貸し出し時間の短縮も無く、コロナ対策の書類は有るものの世の中が通常に戻って来ているように感じます。

18時には会議室のテーブルセッティングが着々と進められ11名がカラコロ。
会場には川上さんの製作による木製ダイスカップの音色が響き渡ります。
ボード付属のカップより色々な厳選された木材で作られたカップに人気が有ります。

11月の例会は今年最後の埼玉リーグ。
5ゲームが行われました。
その結果、上位3名が決定しました。
1位 滝沢さん、2位 髙橋さん、3位岡谷さんです。
4位は13ポイント、鷹觜さんと川上さん。
来月プレイオフの5ポイントマッチをしてから埼玉リーグ決勝トーナメントを行います。

タマオーキューブ(持ち回り優勝カップ)をかけたタイトルマッチが深澤タマオーvs.鷹觜で行われ、鷹觜さんがタマオーキューブを奪取しました。
久しぶりのオーバー60のタマオー誕生です。

ブリッツは予選も決勝もどれ一つ結果が無く、全てが持ち越し。
幹事の学生時代を彷彿とさせる次から次に溜まる課題のレポートと参考書のようです。

ラウンドロビンの上位の結果は
1位 髙橋 2-2 +6
2位 深澤 4-0 +5
3位 西村 4-2 +4
4位 板持 2-3 +4
5位 川上 4-2 +2
6位 房松 3-3 +1
7位 鷹觜 1-2 +1
+20でも優勝できない時が有るのに一桁前半が上位になる、ラウンドロビンの奥深さ、恐るべし。

打ち上げが行われ「餃子酒家香港亭」8名で楽しく飲食。
先月よりメニューが増えていました。
そして、わがまま埼玉例会は8人全員がメニューに無いソフトクリームを本店から持って来て貰って、「埼玉例会の締めはこのソフトだよねぇ」と久しぶりの香港亭のソフトクリームに舌鼓。

12月は年末特別バージョンの埼玉例会、長丁場。
13時から埼玉リーグ決勝トーナメント最後の1枠をかけたプレイオフ。
そして、決勝トーナメント。
リーグ戦に無関係の人はラウンドロビンで大量にゲームして頂いて来年の表彰を目指して下さい。
埼玉リーグ決勝トーナメント終了後、暫くしてから(だいたい18時ぐらい)は、クリスマストーナメントです。
参加者全員の順位を1ポイントゲームで決めます(この順位決めは千葉の若手の頭脳です)。
持ち寄ったプレゼントを上位から選んでいきます。

今年もコロナに翻弄されながら年末の告知まで到達できました。

埼玉例会公式HPはこちら

撮影 : 深澤
文責 : 乙部(朱)
編集 : 小澤

11/30 バックギャモンナイト in 代官山
2021年11月30日

毎週火曜日の夜は代官山のカフェ・ミケランジェロでバックギャモンナイトを再開しています。
あいにく雨で足元が悪い中でしたが、ミケランジェロでは心地よいダイスの音が響いておりました。

最近バックギャモンにハマった初心者の方がレクチャーを受けていたり、常連の方はポイントマッチを楽しんでおりました。
私は久しぶりにリアルなダイスを振る感触を楽しみました。

コロナでオンラインでしかプレイできなかった方はミケランジェロまで!
バックギャモン・ナイト@代官山カフェミケランジェロは毎週火曜日19:30より22:00まで開催しております。皆様のお越しを心よりお待ち致しております。
(担当 犬塚、代筆 川口)

10/16(土) 埼玉例会[活動報告]
2021年11月13日

全国的に緊急事態宣言や蔓延防止措置宣言が解除になって初めての例会。
それでも会議室の利用は短縮されて21時迄です。

5試合の埼玉リーグの他に、沢山の持ち越されていたトーナメント戦が行われて、ブリッツ決勝トーナメントは鷹ハシさんが優勝。
次回、深澤タマオーに挑戦します。
ブリッツ予選トーナメントを制したのは、川合さんと鷹ハシさん。

今月組まれたトーナメント戦は全て持ち越し。
埼玉は5ポイントのリーグ戦のせいで持ち越しが当たり前になっています。

受付には非接触型の体温計とアルコール噴霧器を合体させた物を設置しました。
富士フィルム製の Hydro Ag+をボードとチェッカーに使用することで、先月まで行っていたゲームごとのチェッカーのアルコール消毒は無くなりました。
ダイスカップも同じもので消毒していますが、自分用のカップを持ち歩いてゲームです。

11名で行われたラウンドロビンの上位の結果は
1位 髙橋 7-3 +11
2位 鷹ハシ 3-2 +8
3位 川上 4-4 +6
4位 板持 3-2 +6
5位 深澤 2-3 +2
6位 川合 1-0 +2
7位 滝沢 3-4 ±0 で過半数がプラスになりました。

いつもお世話になっている中華の香港亭は夜の営業が無いのですが、少し離れた所に「餃子酒家香港亭」をオープンしたのでささやかに打ち上げをしました。
久々の会食は楽しく、ギャモンもリアルサイコロが嬉しいギャモナーの集いになりました。

今のところ11月以降も会議室の利用は21時までの予定です。
次回の埼玉例会は11/13(土) 18時~ 第1会議室。

埼玉例会公式HPはこちら

撮影 : 深澤
文責 : 乙部(朱)
編集 : 小澤

会員規約制定と会費ペイの導入について
2021年11月5日

会員規約制定と会費ペイの導入について 2021年3月に日本バックギャモン協会は任意団体から一般財団法人となり、会員規約に関して理事会にて検討を重ねてまいりました。この度、理事会で承認された会員規約を2021年10月より適用いたします。

会員規約は こちら からご確認ください。


●目次
1.会費の徴収方法と更新期限の変更について
2.会費種別の新設について
3.レーティング戦について

1.会費の徴収方法と更新期限の変更について
【更新月を変更します】
これまで入会月を更新月としていましたが、財団の決算月に合わせ、すべての会員の更新月を1月とすることにいたします。

【会費ペイというシステムを導入します】
会費ペイは、「メタップスペイメント社」の提供するシステムで、クレジットカードまたは銀行口座を登録して会費を引き落としさせていただくシステムです。
9月上旬より皆様にメールが届きますので、クレジットカードまたは銀行口座をご登録頂ければ幸いです。
(2021/10/01追記)
info@kaihipay.jpからのメールを受信できるよう、受信許可リストなどに設定を加えてください。

【今後の会員更新について】
10月更新の方は、9月26日に年内12月末までの月割りの会費(正会員の場合:2,250円)が請求され、12月26日に来年度分(21年1月1日~12月31日、正会員の場合:9,000円)が請求されます。11月以降の更新の方もクレジットカードまたは口座のご登録を頂ければ、更新前月26日にご請求いたします。
(2021/10/01追記)
昨年2020年のキャンペーンを申し込まれた方に関しても支払い登録のお願いをしております。ただし次回の請求は約2年後の2023年10月頃となります。

ご請求の20日ほど前にご請求金額をメールいたしますので、ご確認ください。 来年度以降は12月9日までにご連絡を頂かなかった場合は、自動的に翌年の会員が更新されて引き落としされますので、ご承知ください。

【入会金が新設されます】
入会金を新設します。ただし、新規入会の方については会員数500人に達するまで無料キャンペーンを実施します。 ただし、再入会の場合には入会金を頂きます。
更新月までにクレジットカード・口座のご登録がないなど、新規入会になってしまい、再入会には入会金が発生しますのでご注意ください。 ただし、初回に限り期限までにご登録が間に合わなかった場合も、更新月に遡っての更新を可能とします。 ※創設会員の方は会費ペイによる更新の対象ではございません。

2.会員種別の新設
【会員種別が変わります】 
創設会員:80,000円~1,280,000円(5年~生涯) 
正会員:9,000円/年
家族会員:3,000円/年
U25会員:3,000円/年
U15会員:1,500円/年
準会員:3,000円/年

【家族会員の制度が変わります】
2022年1月よりご家族も家族会員としての入会が必要となります。(年会費3,000円)
正会員の方に合わせてご請求させていただきますので、現在家族会員の方には、継続するかどうかについてのお問い合わせをするメールを送付しますので、ご返信ください。ご返信がなかった場合は、家族会員は一旦退会扱いとします。
(2021/10/07追記)
家族会員を申込み中の親会員の方へ、10月より家族会員は無料の会員から有料の会員へと変更されました。家族会員を会員として継続される方は別途お申込みが必要となります。お申込みがない場合は今年12月末で退会とさせていただきます。

【学生会員に代わりU15会員、U25会員を新設します】
これまでの学生会員は更新時にU15会員またはU25会員に引き継がれます。正会員で更新時に25歳未満の方も対象です。
クレジットカードや口座の登録ができない方は、ご家族が正会員の場合は同時に引き落としさせていただきます。単独でご入会されている場合は、現金でのお支払いかお振込みでのお手続きとさせていただきます。

【準会員を新設します】
これまでの会員は正会員となり、準会員というものが新設されます。(年会費3,000円) 会員の特典が限られており、オンラインの会報とルールブックの贈呈のみとなります。

3.レーティング戦について
【レーティング戦は基本的に正会員のみの提供となります】
レーティング戦は非会員はできなくなります。
正会員(家族会員、U15会員、U25会員を含む)はこれまでと同様のシステムですが、非会員とのレーティング戦は記録されません。(レーティングとなりません)
準会員は、レーティング戦は記録されますが、参照や公開ができません。
なお準会員から正会員になったときは、準会員のときに計算されたレーティングからスタートしますが、正会員になった以降の試合しか参照できません。
今後会員でも相手が非会員の場合はレーティング戦ができなくなりますので、ご注意ください。
(2021/10/03追記)
会費ペイの支払い登録をされないまま会員期間が過ぎてしまうと非会員の状態となり、レーティング戦が記録できなくなります。
(2021/11/05追記)
また非会員の状態になっても会費ペイの支払い登録がなく半年が経過された方は退会とさせていただきます。
非会員となった後で支払い登録された場合は会員期限まで遡り会費を請求させていただきます。

4.質問を受け付けます
会員制度を財団化によって変更いたしました。
特に、若手の育成のため、会費を大きく下げました。
一方で、レーティング戦などの管理を会員限定とし、家族会員からも会費を頂戴することといたしました。
今後、少しずつ変更点がでてくると思いますが、日本のバックギャモンの発展に寄与できるように財団として様々な施策を進めていきます。
皆様もぜひ会員になっていただき、バックギャモンの普及に協力頂ければ幸いです。

ご不明な点などございましたら下記よりお問い合わせください。support@backgammon.or.jp

バックギャモン・ナイト@代官山カフェミケランジェロ再開のお知らせ
2021年11月3日

紅葉の美しい季節となりましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
いつもバックギャモン・ナイト@代官山カフェミケランジェロをご利用頂きありがとうございます。

新型コロナウィルス感染症拡大等の情勢を踏まえ、臨時休業とさせていただいておりましたが、11/9火曜日より再開させていただきます。

皆様のお越しを心よりお待ち致しております。
(担当 犬塚)

第28期 王位戦 結果報告
2021年11月1日

2021年10月29日~31日オンラインで王位戦が開催されました。三日に渡る熱戦に、様々なドラマが展開されました。そこにはオンラインでありながらも、熱い思いがしっかりと伝わる戦いがありました。結果を発表します。

優勝:片上大輔(賞品:表彰状、JBS SHOP提供 好きな文字を刻印できる、メタリックキューブ、11月発売のMボード)
準優勝:宇恵慎哉(賞品:表彰状、GDワイン提供オレンジワイン2本セット)
ベスト4:斎藤和弘、Dewalt Alvin(賞品:表彰状、オレンジワイン)
ラストチャンス:泉良祐(賞品:表彰状、ゴールデンポイント出版提供「バックギャモン検定1」、オレンジワイン)

今回の対戦は、予選の決勝と、グランドファイナルのすべてが日本バックギャモン協会の動画で配信されました。
主に横田一稀プロの解説があり、聞き手・解説者として上田英明、水谷晋、下平憲治、望月正行といった豪華なゲストを迎えて、
時に楽しく、時に関心させられる内容が語られました。常に20人~50人の視聴があり、コメント欄には驚きの声や質問などが飛び交っていました。

オンラインの特性から、遠隔地からの参加もあり、今後の大きな展開を予感させる大会になったと思います。

参加された皆様、協賛いただいた企業の皆様、観戦いただいた皆様、ありがとうございました。

王位戦実行委員長
来住野 香子