賽王戦について バナー

JBLについて バナー

JBL SHOPバナー

11/13(土) 埼玉例会[活動報告]
2021年12月7日

越谷サンシティはクリスマス♪
ライトアップされて年末が近付いています。
とはいえ、まだ11月中旬、気温は暖か。
会議室の貸し出し時間の短縮も無く、コロナ対策の書類は有るものの世の中が通常に戻って来ているように感じます。

18時には会議室のテーブルセッティングが着々と進められ11名がカラコロ。
会場には川上さんの製作による木製ダイスカップの音色が響き渡ります。
ボード付属のカップより色々な厳選された木材で作られたカップに人気が有ります。

11月の例会は今年最後の埼玉リーグ。
5ゲームが行われました。
その結果、上位3名が決定しました。
1位 滝沢さん、2位 髙橋さん、3位岡谷さんです。
4位は13ポイント、鷹觜さんと川上さん。
来月プレイオフの5ポイントマッチをしてから埼玉リーグ決勝トーナメントを行います。

タマオーキューブ(持ち回り優勝カップ)をかけたタイトルマッチが深澤タマオーvs.鷹觜で行われ、鷹觜さんがタマオーキューブを奪取しました。
久しぶりのオーバー60のタマオー誕生です。

ブリッツは予選も決勝もどれ一つ結果が無く、全てが持ち越し。
幹事の学生時代を彷彿とさせる次から次に溜まる課題のレポートと参考書のようです。

ラウンドロビンの上位の結果は
1位 髙橋 2-2 +6
2位 深澤 4-0 +5
3位 西村 4-2 +4
4位 板持 2-3 +4
5位 川上 4-2 +2
6位 房松 3-3 +1
7位 鷹觜 1-2 +1
+20でも優勝できない時が有るのに一桁前半が上位になる、ラウンドロビンの奥深さ、恐るべし。

打ち上げが行われ「餃子酒家香港亭」8名で楽しく飲食。
先月よりメニューが増えていました。
そして、わがまま埼玉例会は8人全員がメニューに無いソフトクリームを本店から持って来て貰って、「埼玉例会の締めはこのソフトだよねぇ」と久しぶりの香港亭のソフトクリームに舌鼓。

12月は年末特別バージョンの埼玉例会、長丁場。
13時から埼玉リーグ決勝トーナメント最後の1枠をかけたプレイオフ。
そして、決勝トーナメント。
リーグ戦に無関係の人はラウンドロビンで大量にゲームして頂いて来年の表彰を目指して下さい。
埼玉リーグ決勝トーナメント終了後、暫くしてから(だいたい18時ぐらい)は、クリスマストーナメントです。
参加者全員の順位を1ポイントゲームで決めます(この順位決めは千葉の若手の頭脳です)。
持ち寄ったプレゼントを上位から選んでいきます。

今年もコロナに翻弄されながら年末の告知まで到達できました。

埼玉例会公式HPはこちら

撮影 : 深澤
文責 : 乙部(朱)
編集 : 小澤


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください